5月のミソノピアゼミナール/中京大学スポーツ科学部教授、渡邊航平先生をお招きして

ゼミナールの様子

5月の第2土曜日のミソノピアゼミナールは、文字通り、中京大学スポーツ科学部の渡邊航平教授によるセミナーです。渡邊先生は、子供から高齢者、一般の人から専門家(アスリート)まで、それぞれの対象者におけるスポーツトレーニングの効果について、科学的に分析・研究されている、その道の第一人者です。この日は先生が監修された、厚生労働相愛知労働局で提供している転倒予防体操「どすこい体操」をご紹介いただきました。
このように、ゼミナールでは音楽のみに限定せず、専門家による講演もプロデュースしています。

また、このようなゼミナールや第4土曜日の「音楽の捧げもの」を、音楽療法を学びたいという人への実地研修の場としても、ミソノピア様のご協力を得て活用しています。現場での体験が何より必要であると、私たちは考えているからです。

詳しくはこちらをご覧ください。
ミソノピアブログ/イケメン先生と転倒予防体操/5月のミソノピア・ゼミナール

記念撮影
(左から)渡邊航平先生、なごチューブの平松さん、研修中の竹内君