第3回アクティビティ/オリジナルソングのダンスを全員で

輪之内町第3回の様子


フレイルサポーター交流会支援の第3回アクティビティは、Piash代表、山下一郎によるオリジナルソングのダンスを全員で踊ってみること。タナカアリフミによる振り付けは、誰でもできるよう4つの動きに簡素化されました。一つ一つが認知症予防に繋がる動きです。何よりまずはサポーターの皆さんに楽しんで覚えていただくこと。記憶は感情が伴うことで強化されます。今回の模様は中日新聞西濃版でも紹介されました。