愛知・岐阜の社会福祉協議会などからのご依頼により、一般の高齢者向けに直接健康体操や音楽療法を提供する場合もあれば、サポーターの方への講演会・研修といった形でアクティビティを行う場合もあります。以下は現在行っている取り組みのご紹介です。


フレイルサポーター交流会/輪之内町地域包括支援センター

ストップフレイルマーク

岐阜県安八郡輪之内町 地域包括支援センターが行っているフレイルサポーター交流会は、「東京大学 高齢社会総合研究機構(IOG)」が開発したフレイルチェックに基づくものです。(フレイルとは、高齢者における心身の活力が低下した状態)
フレイルチェックは地域住民の活動であり、フレイルチェックを担う人々をフレイルサポーターとして、全国の自治体が養成しています。

輪之内町のフレイルサポーターは安八郡広域連合(安八町・神戸町・輪之内町)のもとに誕生しました。現在第一期・第二期サポーターの皆さんが主体となり、活動を続けていらっしゃいますが、コロナ禍の中で活動がままならない中、サポーターの皆さんの中から「交流会の開催を」との声が上がったそうです。そこで、2022年第三期サポーター候補生の養成とともに、私たちTMG/Piashがお力添えさせていただくことになりました。

TMG/Piashは偶数月にアクティビティを開催させていただきます。その様子は毎回このサイトで紹介いたしますので、ぜひご覧ください。

■輪之内町Webサイト|高齢・介護

かわばたくんファミリー
輪之内町公式キャラクター、かわばたくんファミリー

なんじゃもんじゃ音楽会/多治見市太平地域包括支援センター

なんじゃもんじゃ音楽会

なんじゃもんじゃ音楽会は、令和4年度、TMG/Piash代表 山下一郎が講師となり開催される、介護家族交流会です。
前年度までは「けせらせら教室」の名で軽度認知症の方及びそのご家族の方の支援を行っていましたが、認知症の方だけでなくさまざまに介護を受けておられる方やそのご家族も広く支援したいとの思いから、新たに集まれる場を開設したのだそうです。

毎月第3金曜日には山下代表が現地を訪問し、約1時間の枠で、音楽とともに認知症予防や健康寿命などについての話題を提供します。その折アウトリーチという形で、介護付き有料老人ホーム ミソノピアで山下代表の下、音楽療法を学んでいるスタッフが同行することもあります。

社会福祉法人 多治見市社会福祉協議会|地域包括支援センター